ご利用の30分前までにご予約ください。
(新宿駅以外は1時間前までにご予約ください)
「ご希望の時間に!ご希望の場所へ!
新しい移動型ロッカーサービスの時代へ」

予約受付時間 8:00〜22:30
サービス利用時間 8:30〜23:00

バーチャルロッカー_第一報プレスリリースをしました

平成28年9月23日

日本初!新宿発!移動ロッカーサービスを開始


株式会社C&Hは本年9月1日より、新宿を起点として新しい移動ロッカーサービス『バーチャルロッカーサービス』事業を立ち上げました。

1.日本初
新宿駅は1日あたり300万人の乗客者が利用しています。コインロッカーの利用者数に比べてコインロッカーの数は限られているのが現状です。駅のコインロッカーを利用したくても、サイズが合わない、満杯になっていて利用ができない、受け取る際には預けたロッカーまで戻らないと行けないという不便が生じます。
株式会社C&Hではロッカーの利用客により便利なサービスを提供するため、『日本初、ご希望の時間に、ご希望の改札口へロッカーが出向くサービス』を開始致しました。

2.新宿駅は巨大でコインロッカーを探しにくいし、取り出す時も迷いやすい。
手荷物預かりサービス

従来のロッカーは、最新の物であれば空き状況の確認はできます。しかし多くのロッカーが、その場所へ利用者が出向き空きとサイズを確認してお金を払い預けるのが常識となっています。預けたいほどの重い手荷物をもって、駅の中を右往左往します。
弊社は、お客様が改札を出た所でお待ちして、その場で手荷物のある状態から手ぶらの状態へのサービスを提供します。ご返却時も、ご希望改札口でお受け取り可能なサービスです。

3.満杯の時の時間ロス
最新式のロッカーであれば空き状況の確認はできます。しかし、まだそうでない物も多いのが現状です。時間をかけて見つけたロッカーが満室で利用できなくて時間を損したり、預けたいほどの重い手荷物を持ちながら労力を削ったりするのが従来のロッカーです。そんな煩わしさから解放されるため、弊社は予約という安心システムを取り入れました。満杯の心配は要らなく、時間の節約もできるサービスです。

4.せっかくのお出かけでコインロッカーを利用する残念な感じに対してちょっとセレブな感じが味わえる。
手荷物預かりサービス

大切な手荷物、しかし厄介な手荷物。やっつけ仕事のようにロッカーに押し込むのではなく、大切なお荷物をお預かりするということを実現いたしました。赤い制服を身にまとったスタッフが、笑顔で礼儀正しくお出迎えいたします。
お荷物を収納するロッカーはシルバーのMサイズとブラックのLサイズで内側に10mmのクッション材の付いた丈夫で安心出来るロッカーで、Lサイズはスーツケースごと収納可能。大切にお預かり致します。

5.他駅での受け取りができ、これは意外と便利
山手線各駅の改札口で同様のサービスを行っています。例えば、新宿の改札口で手荷物を預けてお買い物、恵比寿に移動してディナーののち品川のホテルへ行きたい場合、受取は品川の改札口でも可能です。
もし、うっかり受取を忘れても弊社で提携している宅急便にてご希望の場所へお送りいたします。

6.オリンピックに向けて外国人旅行者を意識したサービス?
4年後のオリンピックを想定すると,まず外国人にはコインロッカーという存在を知らない可能性があります。知っていてもどう使えばいいのかおそらく想像もつかないことでしょう。
現にコインロッカーを利用している外国の方を見るのは皆無です。街角インタビューをしたとしても利用したことのない方ばかりでしょう。
偏見かもしれませんが、大きな体に大きな声の外国の方達が大きな荷物を持って、新宿に限らず東京の人込みの中を闊歩します。しかもオリンピックで来日者はさらに増えることでしょう。
それならば、弊社が大きなお手荷物だけでも引き受けます。
今後、新宿だけではなく山手線各主要駅にもサービスステーションを拡大します。4年後のオリンピックの年までには外国人にロッカーサービスの良さを理解していただき、不便を感じながらスーツケースを持って買い物をする外国人もいなくなることを願っております。日本のおもてなしの素晴らしさを知っていただきたいと考えています。

取材にも応じられる体制をとりますので、関心を持たれたメディアの方はお気軽にご連絡ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 C&H
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7‐1‐7 新宿ダイカンプラザA館916
Tel:03‐6908‐5311
e-mail:info@caestia.co.jp
公式ホームページ:http://vlocker.jp/
実際のプロモーション映像もホームページの「サービス案内」でご覧いただけます。

担当:村富 田(ムラトミ マコト)